アフィロック公式ブログ∠( ˙-˙ )/

アフィロックスタッフが綴る公式ブログ

*

スーパーアフィリエイターが島を売る?ペラサイトコンテスト開幕!

      2015/12/19

ども!裏アフィロック事務局の「べにてんぐ・ラビット・池田」です。

beniteng

当ブログでは、イベントの企画内容などをひたすらダダ漏れ(チラ見せ)させていく命を受けています (※表のおっぱい・うさぎ野郎とは何の関係もありません)

 

さて、アフィロックには、「祭」のコンセプトどおり、イベント・セミナー・飲食・ライブ・ボッチバーなど様々な催し物があります。もちろん全部おすすめで、時間がある人は全部見て楽しんでいって欲しいのですが、時間に制限があって「全部見られないよー」って方に、「これだけは見て」っていうイベントが、今日紹介する

「大物アフィリエイター達のガチ・ペラサイトコンテスト」

です。

http://www.affirock.com/event.html

この企画ですが、簡単に言うと、月8桁クラスのスーパーなアフィリエイター達が、アフィロック当日までに、「ある商材」を紹介するためだけのペラサイトを全力で作ってきてくれて、当日みんなでそのサイトを見ながら、司会のどS男が、ポイントや制作手順、制作者コメントなどを紹介していくという感じ。

そして最もロックなサイトを作ったと思しき人を審査員が投票。

優勝者には、MVP(Most Valuable Pera)の称号が付与されます。

サイトの形式はペラサイトというルールだけ守ってくれたら、レビューサイト・口コミサイト・キャラサイト・ブリッジサイト、何でもあり。まさにサイト制作の総合格闘技!!

この企画の発端当初、唯一懸念してたのは、こんな1円にもならない企画に協力してくれるアホ(ロック)なやついないでしょ?という事で、実は運営メンバーからかなり反対意見が出てました。ただ、「一度打診だけしてみない?」というもじゃ野郎たっての希望により、実際にスーパーアフィリエイター達に打診してみたところ・・。

 

某キャッシング1ページ目の銭野郎「やります~!」

某脱毛神女王「やってやろうじゃないですか!」

某てれんすりー野郎「ホームページビルダーでやります!」

某個性派ライティング主婦「もう、仕方ないなぁ。あーん♡」

某マジで大物「検討します。」

俺ら「ふぁっ?」

 

ということで成立しちゃった・・。

妥協したメンツじゃなくてマジで期待できるロックな面々しかおりません。

早速メンバーを紹介

それでは、早速メンバーを紹介しましょう。今回のペラコンテストは、コンビ戦になります。2人1組で協力しあいながらペラサイトを作っていただきます。もちろん協力内容は自由。役割分担しても良いし、相方を下僕のように使ってもOK(笑)

エントリーナンバー1:清水さん家のゼミえもんコンビ

育毛ステイサムでキャラサイトの新しい道を開いた、ゼニエモンのひで氏が最初に参加を快諾!アフィリエイターなら誰もが一度は憧れる「キャッシング」で1ページ目という確かな実績、サイトの企画力。実力派アフィリエイターとして文句なしである。しかも、相方は、なんと、あのゼミ氏! Twitterでは、到底誰も思いつかないような卑猥(クリエイティブ)なクソリプを量産し続けていた確かな実績。また、清水さん家のウォーターサーバーを運営するなどそのデザイン力にも注目である。(ゼミ長氏は現在Twitterは休止中です)

ところでこの2人、実力を出し切れれば、間違いなく優勝候補だが、とても協力してサイトを作れるとは思えない。チームワークが一番の課題かもしれない。

 

エントリーナンバー2:てれんす with 新宿の愉快な仲間達

最近自身のてれんすはっとブログで、アクトレの月次2000万超え報酬管理画面を披露して界隈をざわつかせた「てれんす」氏がアフィロックに電撃参戦!あまりに覇気が高すぎるため、コンビをつとめられる人がいないと運営で判断。「若僧を補佐にくれればいいっすよ」という余裕の発言により、コンビというより、雑用で、くろ氏を従えてのエントリーになります。

てれんす氏に関しては「一体どういうサイトを作るのか?」謎多き人で、気になっている人も多いかも知れない。ただ、運営陣も彼がどういうサイトを作るかは全く予想がつかない(笑)アフィロック参加者は、当日その目で確かめて欲しい。

 

エントリーナンバー3:お色気師弟コンビ

毎回卑猥な内容で、界隈をざわつかせる個性派ライティングのさやっこ氏。今回そのライティング力が買われて、期待枠としてガチ・ペラマッチに参戦! そして、そのさやっこ氏をフォローするのが、エロの巨匠こと、Mr.さくらい氏。さやっこ氏に、アフィリのイロハ、はてはアフィリだけに留まらない人生のイロハまで色々とレクチャーしているという噂(うさぎさんもその集まりに混ぜてくれないかな。)

しかし、ネトビジュブログを見てもらえばわかるが駆け出しアフィリエイターへの手厚いフォローと指導力には実績がある。今回、ダークホースとして、この師弟コンビからは色々な意味で目がはなせない。

 

エントリーナンバー4:横浜レインボーコンビ

「で、でた~wwwwツイッターではメンヘラキャラだけど、実際に会うとかなり礼儀正しい美人社長奴wwwwwwww」

エントリーナンバー4は、アフィリ界の女帝こと、ビアンカ氏である。

e-脱毛エステ.comでの脱毛神や、漫画企画など記憶に新しいが、この女性社長、とにかく頭が切れて行動派なのである。今回も実は、既にスタートを切っていて、なにやらこのブログではまだ言えないような動きをしているらしい・・(笑)

そして、このビアンカ氏をフォローするのが、横浜で従業員20人規模の会社の社長をやっているこまち氏である。本来なら補佐するようなレベルの人ではなく、間違いなく主導で頭をはるレベルの人で、なんと、このペラサイト企画のために既にA4用紙11枚分の企画書を作ってきたらしい(おかしいやろ・・)

このコンテストにかける意気込みは間違いなくこのコンビがナンバー1。当日会場で彼らのロック魂を是非見て欲しい。

 

エントリーナンバー5:「アフィリエイトって夢があるよね」コンビ

さて、最後のコンビは、まさにトリにふさわしいコンビ。

今回のアフィロックでの生演奏も予定されているアフィリエイト・ドリーム制作者の「がんだむ氏」が参戦である。このがんだむ氏だが、もちろん音楽だけではなく、アフィリでも、従業員を多数従えて、鬼のようなペースでサイトを作りづける超実力派アフィリエイターである。まさに、アフィリエイト・ドリームの体現者が彼自身なのである。

そ、そして!!!このがんだむ氏をフォローするのが、あのロングセラー教材「アフィリエイト・ファクトリー」制作者(現在惜しまれつつ販売終了)であり、敏腕アフィリエイターの中では「この人のサイトを知らなかったら業界のもぐりである」とまで言われる別格の存在。株式会社PLUSの今井氏である。今回非常にご多忙な中、このペラサイト・コンテストという企画のためだけに、ガチで参戦していだけることになりました。

「この2人がどういう思考で、どのようなサイトを作るのか?」

それを見るためだけでも、このイベントに来る価値があるのではないだろうか。大期待である。

 

ある商材とは・・?

ところで今回そのスーパーアフィリエイター達に売ってもらう「ある商材」ですが、あの伝説の「アフィリエイ島」になります。知らない人はいないと思いますが、念のため詳細を下記に記載しておきます。


■概要

・アフィリエイターなら誰もが憧れる幻の島
・ここに行くとどんなことが起こるのかは誰も分からない
・でもみんなそこに行ってみたいと思っている

■詳細
・価格:8億5000万円(アフィリ報酬10%:特単検討の余地あり)
・場所:赤道直下にある幻の島
・面積:8000坪(東京ドームが1.5万坪)
・行き方:飛行機可、船可、しかし大渦が渦巻き、天候は常に大荒れで変わる
・噂:世界一のパワースポットの50倍を超える聖地があるらしい

・歴史:
→これまで数々の人が漂着を試みたが、誰も成功していないらしい(今まで数名到達したことがあるという噂も・・・)
→クレオパトラが泣いたといわれる幻のビーチがあるらしい
→現所有者はエリザベス・E・テイラー7世氏が代々所有、過去にイーロンマスクのオファーを断ったらしい
→しかし、このたび、アフィロックの想いに共感し、「譲ろう!」とのオファーを獲得、アフィリエイトに至る
→この島の地中深くに埋まっている財宝を掘り当てた時、一気に世界の平和が訪れると紀元前から語り継がれている

※諸条件は大人の都合により若干の変更がある可能性があります。

 

設定に若干の中二病的な要素があるのは、ジャンプ世代だから・・(震え)

運営からのお願い

今回、運営からお願いが1つだけあるのですが、この「アフィリエイ島」のイラストを2枚ほど制作協力いただける方いないでしょうか?具体的には、

・島全体の概要イラスト
・地図上の島のイラスト

の2枚になります。

もしやってもいいよ!という方がおりましたら、info@affirock.com宛てに、過去のイラスト制作履歴等を添付してご連絡いただけるとうれしいです。

また、「応募するまでもないが、気軽に描いてやるよ!」という神のような方がいたら、ハッシュタグ「#アフィリエイ島」でイラストをTwitterに投稿ください。(こちらはサブイラストとして事前に連絡の上、利用させていただくかもしれません)

ご応募いただいた方は、微力ながらブログでご紹介させていただきます。複数の方に、手を挙げていただいた場合は、恐縮ですが、こちらで一人だけ選ばせてもらいます。お待ちしております!

 - イベント内容チラ見せ